エンダースキーマは2019-20年秋冬シーズンの新作シューズを、2019年6月1日(土)より直営店のスキマと全国の取扱い店舗にて順次発売予定。

定番&既存デザインを再考する2019年秋冬コレクション

今季はタイトルに「INTROSPECTION」を据え、これまでのものづくりを客観的に立ち返り、見つめ直す靴づくりを試みた。コレクションのラインナップには、定番や既存のデザインを再考するようなアイテムが含まれている。

ヘイズ(haze)

haze 44,000円+税
展開時期:2019年6月1日(土)
haze 44,000円+税
展開時期:2019年6月1日(土)

「ヘイズ(haze)」は、チロリアンテイストのデザインながらも機能性たっぷりの1足。オイルを含んだシボタンニンレザーとスエードのコンビで構成されるアッパーは、あえてキュッと絞るようなフォルムに仕上げた。

返りの良いビブラム社製のソールと、着脱が簡単にできるドイツ「フィドロック社」のマグネットを搭載したアジャスターを採用している。

エピック(epic)

epic 62,000円+税
展開時期:2019年6月1日(土)
epic 62,000円+税
展開時期:2019年6月1日(土)

「エピック(epic)」は、前シーズンに登場したタープ(tarp)をアップデートしたシューズ。今回は、3レイヤーのナイロンを用いて、止水ファスナーを斜めに施したミニマルかつシャープな印象にシフトした。

パンツを上に被せることを想定して制作されているので、足首部分はスリムなシルエット。ブーツのような重厚感と、ハイカットスニーカーのような足当たりを両立させている。

タルト(tarte)

tarte 42,000円+税
展開時期:2019年7月上〜中旬
tarte 42,000円+税
展開時期:2019年7月上〜中旬

「タルト(tarte)」という愛らしい名前が付けられた新作は、まるでお菓子の“タルト”のようなフォルム。天然のクレープソールがEVAソールとスエードアッパーを包み込むように巻き上げられている。インポートスエードの柔らかな感触と、返りのいいソールの組み合わせで、軽やかな履き心地を実現する。

フルレース トレック ハイ(full lace trek hi)

full lace trek hi 64,000円+税
展開時期:2019年8月上〜中旬
full lace trek hi 64,000円+税
展開時期:2019年8月上〜中旬

シューレースでモカを縫い上げた「フルレース トレック」を、よりトレッキングシューズのように制作したいと、完成したのが「フルレース トレック ハイ(full lace trek hi)」だ。モカ部分から続くシューレースのデザインがより強調され、コーディネートでも存在感を放つ1足となった。

ネーヴル(navel)

navel 44,000円+税
展開時期:2019年8月上〜中旬
navel 44,000円+税
展開時期:2019年8月上〜中旬

レザーとファーのハイブリッドが目を引く「ネーヴル(navel)」は、素材のコントラストが絶妙。レザーのカラーにあわせて、ゴートファーまたはラビットファーを用いている。グリップ力抜群のシャークソールによって、定番の外羽もほのかにスポーティーなベールも纏う。

from https://www.fashion-press.net/news/49996