老舗シューズメーカー「リーガル(REGAL)」のレディース向け「プレミアムライン」から、2016年春夏新作シューズを紹介する。

今シーズン、「リーガル」が提案するのは、靴職人が一つ一つ手作業で仕上げたパンプス。柔らかなホワイトやパキッとしたレッドなど、華やかなカラーをのせて、陽気なコレクションを完成させている。


F52F ライトピンク 33,000円+税

素材にもひと工夫。スムースレザーに加えて、発色のよいスエードも新たに仲間入り。柔らかな印象のスエードパンプスは、白ソックスとマッチさせた、春らしいドレススタイルがオススメだ。

また、ソールのバリエーションも豊富に。既存の7cmにプラスして、履きやすい4,5cmも用意。さらに、軽快なオープントゥタイプもラインナップする。装いに合わせて、トゥカラーやヒールをセレクトして、様々なコーディネートを楽しんでみて。


F32F レッドスエード 33,000円+税

リーガルのこだわりは、バックスタイルにも。高級感のある革底は、通気性に優れる上、なめらかな曲線により豊かな表情を引き出してくれる。またアッパー部分も、職人の手によって丁寧に仕上げたられた。木型にあわせて、レザーを絶妙な加減で引っ張り製作しているため、機械生産のものとは異なり、足に馴染み、快適なフィット感を届けてくれる。

ヒールは、アッパーカラーにあわせて調整。ホワイトやライトピンクには、馴染みのよいベージュを。レッドは、ブラックをセレクトしてシックにまとめた。主張の強い赤色も、ヒールカラーによって、モノトーンコーディネートにも自然にマッチする。

from

https://www.fashion-press.net/news/21921