アディダス(adidas)とラフ シモンズ(RAF SIMONS)によるコラボレーション「アディダス バイ ラフ・シモンズ(adidas by Raf Simons)」から、2019年春夏コレクションの新作シューズ「デトロイト・ブーツ(Detroit Boot)」が登場。2019年1月24日(木)より発売される。

「デトロイト・ブーツ」は、70年代のグラムロックとミッドセンチュリーのオートクチュールの美意識を衝突させるという、実験的な試みから生まれたハイトップのレースアップシューズだ。

これまでも幾度と型を変えて展開してきた「デトロイト・ランナー(Detroit Runner)」のトレードマークである、厚いトレッドアウトソールと滑らかなカーブを描くミッドソールはそのままに、アッパーの素材をシフト。キャンバス地ではなく、ゴム引きをした不透明のプラスチックに変えることでグラムロックのムードを纏わせた。

さらに、シューズの外側には、額縁に収めた無名の女性の白黒写真をフィーチャーした「パンケット(女性パンクロッカー)」のパッチを配しており、そのデザインからは、ラフ・シモンズのアートを愛する心も窺える。

一方でオートクチュールの美意識は、パッチの下に配した、オートクチュール全盛期を彷彿とさせる「ラフ・シモンズ アントワープ(Raf Simons Antwerp) SS 2019」という文字のプリントラベルに託している。

なお、カラーは、レッド/ブラック、ブラック/ピンク、クリーム/ホワイトという3種類の展開だ。

from https://www.fashion-press.net/news/45894