ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニア(Vivienne Westwood Anglomania)とVANS(ヴァンズ)のコラボレーションスニーカーが、2018年3月23日(金)より日本国内限定で販売される。

コラボレーションスニーカーのベースとして採用するのは、VANSのアイコニックな「Sk8-Hi」。1978年に登場し、くるぶしを覆う機能面とストライプをサイドにあしらったデザインで、誕生以来、多くのスケーターに愛されたモデルだ。今回は、同モデルにヴィヴィアン・ウエストウッドによる“ピカデリーサーカスプリント”を施している。

このプリントの由来は、ちょうど「Sk8-Hi」が誕生した時代にさかのぼる。当時、ヴィヴィアン・ウエストウッドは、ロンドンのパンクムーブメントの最前線に身を置き、セレクトショップ「セディショナリーズ」で1点もののアイテムの販売を行なっていた。そして、その店舗の裏手の壁には、伝統に対する反抗と現状打破への挑戦のシンボルとして、絵葉書から抜粋したロンドンの「ピカデリーサーカス」のイメージを逆さに掲げていたのだった。

両者の象徴的なもの同士を掛け合わせたスニーカーは、フルカラーとモノクロの2パターンで展開される。なお、サイズも幅広く22.0~29.0cmと、男女ともに楽しめるのが嬉しい。

from https://www.fashion-press.net/news/37697